千葉県の単身引越し業者おすすめ15選!安い引越し料金で女性にも人気な業者の口コミや評判を徹底比較

引越し後の段ボールを処分したい…。業者に回収してもらう方法は?


「引っ越し後の段ボールを処分したいけど、数も多いし自分でやるのは面倒くさい」と思う方も多いのではないでしょうか。大量の段ボールを処分するのは手間がかかるため、どうしても後回しにしてしまいがちですよね。そこで、今回は手間をかけずに業者に依頼して段ボールを回収してもらう方法についてご紹介していきます!

引越し業者が回収してくれることもある

依頼した業者によって異なりますが、一部の引っ越し業者では荷解きの後に不要になった段ボールを引き取ってくれるサービスを展開しているところがあります。引き取りサービスの内容は、引っ越し当日に不要になった段ボールをその場で回収し、荷解き後に出た段ボールを後日回収するというものです。

無料で段ボールの引き取りを行ってくれる業者もあるため、依頼することで手間と費用をかけずに不要になった大量の段ボールを一気に処分できます。

ただし、業者や引っ越しプランによっては、段ボールの回収サービスを利用できない場合もあるため、事前に引っ越し業者に問い合わせて確認しておきましょう。また、引っ越し業者に段ボールを回収してもらう際には、以下の点に注意してください。

・自社以外の段ボールは引取り不可の場合もある
・段ボールを回収してもらえる期間や回数に限りがある場合が多い
・段ボールの引き取りサービスに対応しているエリアかどうかを確認しておく

不用品回収業者に委託する

引っ越し後に不要になった段ボールは、不用品回収業者や古紙回収業者に委託して引き取ってもらうことも可能です。これらの回収業者に段ボールを引き取ってもらう際には、まず業者に直接電話をして見積もりの相談を行いましょう。

見積り後、金額に双方が合意した場合、その場で段ボールを回収する日時を取り決め、後日予定した日にちに回収してもらいます。段ボールの回収にかかる料金は、回収業者や処分する段ボールの個数、段ボールの状態などによってそれぞれ異なります。

古紙回収業者に回収を委託する場合、無料で引き取ってくれるケースも多いです。不用品回収業者や古紙回収業者に段ボールの回収業務を委託する際には、以下の点に注意してください。

・見積りの料金が適正金額かどうかを確認する
・依頼したい業者の口コミや評価をチェックし、評判が悪くないかを確かめる
・「一般廃棄物収集運搬業」の許可を得ている業者かどうかを確認する

数ある不用品回収業者・古紙回収業者の中には、一部悪質な業者も存在し、でたらめな見積りで高額な費用を請求してくるケースも考えられます。そのため、複数の回収業者で「相見積もり」を行い、おおよその費用相場を掴んだ上で業務を委託するのがおすすめです。「相見積もり」とは、同じ条件で複数の業者から見積もりを算出してもらい、価格や条件を比較することを指します。

また、廃棄物収集運搬業の許可を得ているか否かの確認も非常に重要です。自治体から廃棄物収集運搬業の許可を得ている業者であれば、安心して回収業務を委託できます。産業廃棄物収集運搬業の許可を得ている業者については、環境省の「産業廃棄物処理業者情報検索システム」のホームページにある「処理業者情報検索」から確認できるため、業者選びの際にはぜひそちらをご活用ください。

買取を行っている業者に任せる

段ボールを回収してくれる業者の中には、買取を行っている業者も存在します。買取業者に段ボールを買い取ってもらうことで、手間をかけずお得に段ボールを処分することが可能です。段ボールの買取相場は、種類・大きさ・状態などによってそれぞれ異なりますが、高くても段ボール1個あたりの料金は、おおよそ数円程度といわれています。

そこまで大きな金額になるということは期待できませんが、少しでも節約して段ボールを処分したいという方におすすめの方法です。段ボール買取業者に回収を頼む際には、以下の点を留意した上で依頼するようにしましょう。

・基本的に汚れや傷みなどがある状態の悪い段ボールは買取不可
・段ボールに付いている粘着テープや留め金は事前にきれいに剥がしておく
・個人情報が漏洩する原因がないか確認しておく

宅配などで自宅に届いた段ボールは、住所や氏名など大切な個人情報が記載された送り状が付いてきます。そのため、買取業者に回収してもらう前に、送り状をしっかりと剥がしておき、剥がした後も段ボールの表面に文字が映っていないかなども入念に確認するようにしましょう。

 

今回は、引っ越し後の段ボールを処分する際に利用できる段ボール回収業者について、それぞれの特徴や回収を依頼する際の注意点についてご紹介しました。不要になった段ボールを自分で処分するのは手間と時間がかかるため面倒ですが、今回ご紹介した回収業者に依頼することで、手間をかけずお得に段ボールを処分することが可能です。無料で引き取ってくれる回収業者もあるため、まずは問い合わせから行ってみてください!

【千葉県】おすすめの引越し業者一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧