千葉県の単身引越し業者おすすめ15選!安い引越し料金で女性にも人気な業者の口コミや評判を徹底比較

エレベーターの有り無しで引越し費用が変わってしまうワケとは!

マンションで引っ越しを考えている場合はエレベーターの有無に注意が必要です。引っ越し業者に依頼する場合マンションのエレベーターの有無で費用が大きく変わります。今回は、エレベーターの有無が引っ越しに関係する理由と注意すべきポイントや費用を抑えるコツを紹介するので、これから引越しを考えている方は参考にしてみてください。

エレベーターの有り無しで引越し費用が変化するワケとは!

マンションなどでの引っ越しの際にエレベーターが無い場合、引っ越し費用が高くなることがあります。なぜ、エレベーターの有無で費用が変わるのか理由をみてみましょう。

■時間

引越し業者の費用は、作業にかかるさまざまなコスト要因から費用を割り出しますが、そのひとつとして「時間」を基準に費用を算出する方法があります。引っ越し内容によって、引っ越し作業にかかる時間は当然差が出るため、時間をひとつの基準としているのです。

例えば、半日で作業が終わる場合と、1日かかる場合ではそれだけコストがかかりますよね。したがって、マンションでの引っ越し時にエレベーターがあるかどうかはこの「時間」に大きく影響するのでそれによって費用にも差が出ることになります。マンション2階程度であれば通常の家やアパートと同じように対応してくれるところもありますが、基本的に「3階以上でエレベーターがない」場合には追加費用がかかることが多いでしょう。

■賠償保険

エレベーターなし物件の引っ越しはエレベーターがある物件に比べて荷物の破損や建物の損壊といった事故が起こりやすくなります。そのため、エレベーターなし物件の場合、通常の引っ越しに比べて賠償責任保険料が高くなることがあるのです。これは、依頼する引っ越し業者によって違うため引っ越し業者を選ぶ際には損害保険についても確認しましょう。

■作業員人数

3階以上の建物でエレベーターが無い場合、作業員の人数も通常より多く必要となります。それは通常台車などで搬送搬出できる作業もエレベーターがない場合には搬出搬入作業も分担して運ぶ必要があるからです。

エレベーターが無い建物の引っ越しは途中で中継地点を設けることが多くなります。例えば、室内で作業するスタッフが1~2名、玄関から建物の入り口まで運ぶスタッフが1~2名、建物入り口からトラックまで運ぶスタッフが1~2名というように中継地点を設けることで余分にスタッフを必要とするのです。通常の引っ越しよりも作業員を必要とするため、費用が高くなります。

エレベーター無しの物件に引っ越す際の注意点

上記で説明したようにエレベーター無しの物件とはそれだけ、時間や人の手がかかりますし破損などのリスクも高まります。エレベーター無しの物件に引っ越すときには引っ越しを依頼することについても良く考える必要がありますね。

ここまで解説した、時間、保険、作業人数は引っ越し費用を算出するための目安として注意する必要がありますが、それだけではありません。引っ越し物件によって、建物の構造や立地条件が異なり、作業にかかる負担も大きく異なります。そのため、実際に引っ越す物件がどのような条件なのか、依頼する引っ越し業者のオプションや追加費用はどんな時にかかるのかしっかり確認しましょう。以下に追加費用がかかる可能性があるものを紹介します。

■部屋の位置

3階以上の物件の場合、部屋の位置によっても費用が異なる場合があります。例えば、階段の隣の部屋と階段から移動距離がかかる部屋であればそれだけでも作業時間と人数に差が出来ますよね。また、1階部分が車庫などの場合には費用がかからないパターンもあります。依頼業者の規定と、それぞれ物件のパターンでも追加費用がかからないこともあるため、いくつか見積もりを出して比べるのも良いかもしれませんね。

■物件階数

引っ越し業者によっては、回数ごとに細かく値段設定されている場合もあります。1階あがるごとに費用が変わることもあったり、搬出時の階数と搬入時の階数によっても費用が変わる場合もあるでしょう。物件階数についても、しっかり確かめておくことが大切です。

■荷物運搬

荷物運搬の吊り下げ、吊り上げにはさまざまな運搬方法があります。エレベーターが無い場合には、手で吊り下げ上げを行う場合もあれば、電動リフトやクレーンを使う場合などさまざまです。それぞれにかかる費用は異なるため、どのような方法があるのか、追加費用の有無など事前に確認しましょう。

エレベーター無しの物件への引越し費用を抑えるコツ

最後にエレベーター無し物件への引っ越しをする際に出来るだけ費用を抑えるコツを紹介します。

■コストを抑えられるポイント

まず、越し費用の見積もりを算出する際に料金が変動するポイントを確認しましょう。一般的な引っ越し業者では以下のようなポイントがあります。

・トラックサイズ
・移動距離
・作業時間
・作業人数
・引っ越し時期、日時
・オプションの有無

エレベーター無し物件の場合には、荷物の運搬に関わる作業時間や人数などはどうしても必要となります。必要不可欠なコストを除いて、その他コストを抑えられるポイントがないかみてみましょう。

■相見積もりをみる

1つの業者だけではなく、3∼4社ほど見積もりを出してもらい比較してみましょう。サービスの内容や追加費用などがどのくらいかかるのか、またコストを抑えられるところがないか、比べることでよりよい方法を選ぶことが出来るでしょう。

 

今回はエレベーター無し物件での引っ越しについて解説しました。エレベーターの有無によって引っ越しにかかる費用は大きく異なります。しかし、今回解説したようにエレベーターが無いからといって諦めずにコストを抑えるポイントを抑えることで通常の引っ越し費用のように引越しをすることができる可能性もあります。ぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。

【千葉県】おすすめの引越し業者一覧はこちら

サイト内検索
記事一覧